すすめ、安全なミライへ。

とても残念なことに、佐賀は交通事故の絶えないまち。
ひとりひとりが、その事実と向き合い、考えるために。
みんなの力で、もっと居心地のいいまちを叶えるために。
「安全」をテーマにした、あたらしい活動がはじまります。
目印は、ブルーに塗られた交差点。
佐賀のミライは、みんなでつくっていくものだから。

SAGA BLUE PROJECTサガブループロジェクトとは

SAGA BLUE PROJECTとは、県民一人ひとりが「交通事故ゼロ」を自らの課題として認識し、デザインのチカラによって自らの行動変容を促す交通安全意識改革・運動です。
デザインのポイントは、集中力を高める効果もあると言われている、佐賀の広々とした青空をイメージした『青』を基調に実施し、ハード(交差点の環境整備等)、ソフト(意識醸成)両面での相乗効果を期待します。

人口10万人あたりの
人身交通事故発生件数
2017年
817.0件
ワースト2位
2018年
694.8件
ワースト2位
  • HARD

    事故多発交差点での運転者や歩行者への直接的な注意喚起

  • SOFT

    県民特性、年齢・年代に着目した注意喚起や啓発の取組み

NEWS新着情報

  • 2019.10.09 UP!
    イベント第二弾 「佐賀の秋空にバルーンをえがこう!」を開催しました。
  • 2019.10.03 UP!
    「秋のセーフティーライン作戦」を実施しました!

REPORTレポート

2019.05.17
佐賀のあおぞらにバルーンをえがこう!
佐賀市出身のアーティスト「ミヤザキケンスケ」氏を迎え、佐賀県庁正門前交差点で「SAGA BLUE PROJECT」のキックオフイベントとして「佐賀のあおぞらにバルーンをえがこう」を開催しました。
ブループロジェクトにぴったりの青空のもと、イベントに参加してくれたのは、佐賀市立赤松小学校1年生の113人の子どもたち。安心安全な佐賀への想いを込め、夢中になってお絵描きを楽しむ子どもたちの様子をレポートします!

MOVIECM・動画